ランナーズハイで一気に完走!

マラソン部 2011年の第1回目より応募をはじめ、2013年にようやく当選し出場が決定しました。
代表取締役を筆頭に全7名でグループ当選。
42.195kmという未知への挑戦。 完走を目標に我が身を痛めつけ、トレーニングを重ね続ける青年たち。いえ、おっさん集団。 トレーニングは近くの大阪城公園で走りこみました。
走りこんだ後はやっぱりビール!これが美味しいんです!・・・ん?お酒飲んじゃってるけどいいの!?
なんだかんだと中性脂肪が減り、スマートな身体になり、やがて細マッチョになり満足感が出てしまった時も・・・ いやいや、完走することと関係ないやん!

フルマラソン当日、とある部員の過ごし方

05:00

起床
ランナーの朝は早い。冷たいシャワーで一気に目を覚ます。

05:30

朝食
朝食はうどん特盛、おにぎり。デザートにバナナ。
途中でお腹が空かないようにたらふく食す。

06:30

出発
マラソン中の補給用にVAAMゼリーをカバンに入れたら
準備体操がてら競歩で会場に向かう。

07:00

移動中(電車)
ヘルシア緑茶をラッパ飲み。ついでに特茶もラッパ飲み。

08:30

到着
受付が済んだら仲間と合流。今大会は社長も参加である。
ウォーミングアップしつつ談笑。「全員完走しよう!」と約束する。

09:00

スタート
周りの雰囲気と流れにのまれ、早速ペース配分をミス。更に仲間を見失う。

10:00

5km地点
練習中に痛めた左足靭帯が悲鳴を上げる。
走れなくなり絶望する→仕方なく早歩き。

12:30

中間地点
左足を庇いながら歩いているせいで右足も悲鳴を上げる。
早歩きもできなくなり絶望する→孤独感が襲う→自分と闘いながら歩く。

14:30

30km地点
歩いてんじゃねーよ!と観客からヤジを受ける。
お婆さんから「あんたらエラいなぁ、お金払って走ってるんやから」と言われる。心が痛い。

18:00

35km地点
推定70代のお爺さんに追い抜かれる。
ショックを隠し切れず頑張って走ろうとする→靭帯が悲鳴を上げる→歩く→お爺さん遥か彼方へ。

18:00

完走??
怪我を負いながらもなんとか「ゴール」。ほぼ歩いたので「完走」とは認めない。
でも自分に打ち勝ったと心の中で誇らしげになる。

19:00

合流、解散
スタート地点以来の仲間と合流、反省会。
マラソンはやはり「己"おのれ"との闘い」であると振り返る。

21:00

帰宅
居酒屋に直行…がしかし階段を登れない…だと!?太ももが上がらない!しゃーなしでコンビニのサラダチキン*3とビールを買って帰宅。

23:00

就寝&翌朝
翌日仕事のため早めの就寝。翌朝、まず立てない。
生まれたての小鹿のような足で出勤できず。。。
社長は出勤していると報告を受け猛反省。『…すんません!…はいっすんません!』